もっとちゃんとペット

重要なお知らせ

平素より弊社 もっとちゃんとペット をご利用いただき、 誠にありがとうございます。

この度 もっとちゃんとペット は 2019年3月31日(日)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。

これまでのご愛顧に対しまして心より御礼申し上げます。

2018.04.15

その抱っこ、本当に大丈夫? 知っておきたい犬の正しい抱っこの方法

抱っこをせがむ愛犬の姿はとても可愛らしいものですが、要求されるままに抱っこしてはいけないのをご存知でしたか? この記事では、正しい抱っこのタイミングとやり方について解説しています。

抱っこして! 愛犬のその要求にいつも応えてはいけない理由

愛犬を抱っこするのは、ペットオーナーにとって幸せな時間ですよね。犬にとっても、ペットオーナーとのスキンシップはストレス解消やリラックスできるひとときです。家族が帰ってくるたびに、飛び跳ねて抱っこを要求する甘えん坊な犬の姿に癒される方も多いでしょう。でも、この行動は犬のしつけという点から見た時、あまり望ましくないということをご存知でしょうか?
お留守番をしていた犬は、ペットオーナーが帰ってきたことでとても興奮しています。早く触れあいたいという欲求を強く持っている時に、毎回抱っこで応えていると「この人は何でも言うことを聞いてくれる」と認識してしまいます。犬は、本能的に群れ意識を持つ動物のため、家族の中でも序列を決めて行動することで安心感を得ます。いつでも言うことを聞いてくれる存在は、犬にとってリーダーではなく同列かそれ以下と判定されることにつながるのです。そこで家族全員が犬よりも上の序列であるということを教えるのは、犬と人間が暮らしていく上で非常に重要です。

また、抱き癖がついてしまうほどの過剰なスキンシップは飼い主に対する依存を増すことになります。依存がひどくなるとその結果「分離不安症」と呼ばれる精神状態に陥ってしまうことも。これは飼い主と離れるストレスから、要求吠えやひどいいたずら、自傷行為を引き起こすもので、犬と人間双方にとっても非常につらいものです。
せがまれたら必ず抱っこするのではなく、要求が高まって興奮している時には、しばらくケージに入れて落ち着かせてから抱いてやる等の対策を取りましょう。
一方で、嫌がらずに抱っこができることは、さまざまなシーンで役に立つことも事実です。そこで犬への身体の負担が少ない抱っこの仕方をマスターしておくことが非常に有益だと言えます。

犬も人間も安全な抱っこの仕方を覚えよう

犬を抱っこするには、犬の骨格や疾患に合わせた抱き方をする必要があります。人間の赤ちゃんを抱き上げるように両脇に手を入れて持ち上げる抱き方が見受けられますが、これは良くない抱き方です。犬の脇の下には神経がたくさん走っているので、脇に体重がかかると犬が痛みを感じてしまいます。また、高さに怯えてしまうこともあるので、最初は座った状態や膝立ちの状態から慣れさせていくようにしましょう。
抱っこの仕方は犬のサイズによって異なりますが、共通して言えることは犬と身体を密着させて抱き上げることです。軽いからといって片手でお尻だけ支えるように持ったりすると、急に暴れだした時に対応できなくなるので注意しましょう。
小型犬~中型犬を抱っこする時は、片膝をついた状態から身体の下に腕を入れて胸元を支えます。そして片方の腕でお尻からももにかけてを抱きかかえましょう。腕を一本ずつ使い上半身と下半身をしっかりホールドしたら、身体にしっかり密着させて完成です。この姿勢だと暴れにくいですし、比較的重さのある犬でも抱きかかえやすくなります。
他にも、犬の四肢に外側から腕を回して、立っている時の姿勢に近い状態で抱き上げる方法もあります。どちらの場合にしても気を付けることは、犬の体重を分散させて一か所に負荷がかからないようにするということです。特に、抱き上げて移動する場合は振動も加わりますので注意が必要です。椎間板ヘルニアや腰回りに問題のある犬は、背中を丸めた状態が続くと良くありません。負担の少ない抱き方を動物病院で相談してみると良いでしょう。
また、片膝立ちから犬を抱えて立ち上がる際は、ペットオーナー自身の姿勢にも気を付けなくてはいけません。背筋を伸ばして重心を腰にかけないように、脚の筋力を使って立ち上がるようにしましょう。

正しい抱っこを身につけることで得られるメリット

犬が要求するままに抱っこすることの問題については先にご紹介しましたが、正しい抱っこの方法を身につけることは犬とペットオーナー双方に大きなメリットがあります。
まず、落ち着いた状態からのスキンシップは犬の精神安定上、非常に有益です。要求のままに抱っこしてやるのではなく、タイミングをよく選ぶことでしつけにも活用できます。
また、人通りの多い場所やゴミが多く落ちている場所等、犬を歩かせるには危険なところを移動する際にも、おとなしく抱っこができると安全でスムーズに移動できます。日常生活だけでなく、防災の観点からも大切なことなので、小型犬だけでなく中型犬以上もマスターしておくべきでしょう。犬に合った抱っこの方法やトレーニングの方法は、かかりつけの動物病院で相談できます。また、生活のさまざまなシーンに合った抱っこの方法をトリマーに聞いてみるのもおすすめです。
抱っこのトレーニングは子犬の頃から始めるのが理想的ですが、大人になってからでも身につけることは可能です。根気の要るトレーニングが必要になったりと大変かもしれませんが、犬と人間がより安全に暮らすために必要なことです。また、犬との関係性を見直す良いきっかけにもなります。家族全員で取り組むようにしましょう。

犬が望むままに抱っこすることはあまり望ましくありません。犬との関係性を保つためにも、抱っこのタイミングには充分注意しましょう。また、正しい抱っこを身につけることで、犬の身体的負担や不安感を減らすことができます。中型犬以上でも抱っこできるようにするのがベストです。

「もっと ちゃんと ペット」編集部
「もっと ちゃんと ペット」の編集部。 ペットオーナーが、より長くペットと一緒にいられるような、役立つ情報を探して奔走中。

ランキング

ページのトップへ